指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

暗号通貨 NOAHコイン 

NOAHコイン

暗号通貨 NOAHコイン 
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

ノアコインとは?

ノアコインとはフィリピン国内の政財界の有志が集まり、国家レベルの規模で開発された仮想通貨(以下:暗号通貨)です。

ノアコインは主にフィリピンの国際送金手段として普及する見込みとなっており、現在のビットコインの時価総額1兆円を超える3兆円もの市場規模となっております。

ノアコインを今購入することのメリット

その1:ノアコインを最安値で購入できる

ノアコインは第一期プレセール中である今が一番安く購入できます。
1年後の四期プレセールではノアコインの価格は22%上昇してしまいます。



その2:初年度20%の利息の配当

ノアコインは、市場公開の2018年6月から1年間所持しているだけで20%の利息を得ることができます。つまり100万円のノアコインを所持していれば一年かけて20万円分のノアコインが配当されます。

その3:市場公開後の価値の高騰

ノアコインを持つことによる最大のメリットは市場公開後に価値が一気に高騰する可能性が非常に高いということです。現在時価総額1兆円のビットコインは、市場公開直後と比べて90万倍以上の価値の高騰を見せています。
つまり、市場公開直後(2009年)ビットコインを1万円分交換していればその価値は現在90億円となっているのです。

市場規模3兆円のノアコインはこのようなことが十分に起こり得る可能性を持った革命的な暗号通貨と言われています。

詐欺暗号通貨に注意

もちろんすべての暗号通貨にこのような信じられない程の価値の高騰が起こるわけではありません。現在、世の中に出回っている新しい暗号通貨の話の95%以上が詐欺と言われています。暗号通貨を交換する際はそれがどのような暗号通貨なのかをきちんと理解した上で交換しましょう。

ノアコインが使われる場所

ノアコイン(NOAH COIN)の市場は主にOFW(Oversea Filipino Worker)、つまり海外に出稼ぎに出ているフィリピン人のフィリピン本国への送金手段として利用される見込みとなっており、その市場規模は3兆円にも上ります。ビットコインの時価総額は約1兆円、ビットコインに取って代わるほどの市場規模を持っているのはこの「ノアコイン(NOAH COIN)」だけです。

なぜノアコインが必要とされるのか?

ノアコインはフィリピンの重要な社会問題を根本的に解決すべく誕生した暗号通貨(仮想通貨)です。その社会問題とは、国際送金の際の莫大な手数料です。
フィリピン人は現在、家族の一人は海外に出稼ぎに出ているというほどの割合で海外で仕事をしています。そしてその出稼ぎに出ているフィリピン人のほとんどが本国フィリピンの家族へとお金を仕送りしているのですが、その送金にかかる「手数料」がフィリピンの大きな社会問題となっているのです。ノアコインを利用することにより、その手数料を限りなく安く済ませることができるのです。

送金にかかる高額な手数料

外国からフィリピンへと送金するにはその国に手数料を支払わなければなりません。主な送金方法は「国際送金」「送金代行サービス」ですが、これらサービスを利用するためには手数料として、送金金額のおよそ10~15%支払わなくてはなりません。

例えば本国の家族に10万円仕送りしたとすると、安くても1万円の手数料が毎回かかってきてしまうのです。この手数料は年間で総額3500億円にも上ります。

このフィリピン本国へは届かずに諸外国へと流れ出てしまっている手数料が今まさに社会問題となっているのです。この送金手数料をなくすことは諸外国に出稼ぎに出ているフィリピン人のみならず、本国の家族や企業、ひいては国全体にとって有益となるのです。

ノアコインの必要性については以下のページで詳しく掲載しておりますので参考にしてみてください。

ノアコインの今後について

ノアコインの目指すものはフィリピンへの国際送金手段のスタンダートとなるということです。

ノアコインを普及させる目的は、OFW(海外への出稼ぎ)の送金市場3兆円の手数料、3億5000万円をフィリピン国内に還元することにあります。

そしてそれはフィリピン国内の政治家、財閥、国民全員が求めていることでもあるのです。

海外からフィリピンへの送金手段として定着すればノアコインはフィリピン全土への普及が見込まれます。

なぜならフィリピン国内の銀行口座保有率は30%、それに対してスマホ保有率は108%。

銀行口座を3人に一人しか持たないフィリピン人にとって、スマホさえあれば送金できるノアコインは、国内の送金手段としてもとても便利なものとなるのです。

ノアコインはいわばフィリピン国内のスタンダードな通貨として流通させるための暗号通貨なのです。

ノアコインの運営元について

ノアコインの運営組織は「ノアファウンデーション」非営利の運営組織になります。
フィリピン経済の発展、並びにフィリピン国内の様々な社会問題を解決するために政財界の有志が集まって設立されました。

具体的にはフィリピンのナショナル航空会社である「フィリピンエアライン」や財閥、銀行関連企業などにより運営されており、「ノアプロジェクト」としてノアコインを広めるための活動を行っています。そのメインプロジェクトの一つとして、大規模な街の建設も決定しています。

ノアシティとは?

ノアプロジェクトでは暗号通貨「ノアコイン」の普及以外にも大規模な都市建設計画があります。この都市建設計画は、ノアコインの普及にも大きく貢献できるようなプロジェクトとなっています。

ノアシティの開発計画はフィリピンでも1,2を争うほどの大規模都市開発です。ノアシティにはアミューズメント施設、ショッピングモール、ホテル、カジノが建設され、全ての場所でノアコインを使用することができます。

ノアシティが建設されることにより、ノアコインは国内最大級の都市の公式な暗号通貨となります。日本でいうところの新宿や丸の内の公式な通貨として人々に認知されるのです。

これにより、ノアコインの信頼性や普及率は格段に上がることが見込まれます。
ノアシティについての詳しい情報は以下をご覧ください。

ノアコインで集めたお金の使い道

ノアコインの交換で集めた日本円などの法定通貨はノアコインの開発資金、広告・プロモーション、インフラ整備に使用されます。ノアファウンデーションは非営利の運営組織であるため、営利目的での活動は一切行いません。集めた資金はすべてノアコインの普及、ノアコインの価値上昇につながることに利用され、それ以外のことには決して使用されることはありません。

ノアコインの3つの優れた特徴

暗号通貨はビットコインと同じ性能であった場合、わざわざその暗号通貨を利用するだけの理由がないので世の中に普及していくことはありません。
ノアコインには主に3つの優れた特徴があり、世の中に普及していく理由が明確に存在します。ノアコインが他の暗号通貨と比べてどのように違うのか、ノアコインの特徴を詳しく見ていきましょう。

特徴1:所持しているだけで利息がつく

ノアコインの最大の特徴は所持しているだけで利息がつくという点です。
このシステムは銀行関連企業が運営しているノアコインならではのもので、他の暗号通貨には決して真似できるものではありません。
暗号通貨はユーザーの所有量が多いほど価値が上昇します。

この利息のシステムはノアコインの価値が必然的に上がるように、市場公開後もノアコインを所持しておきたくなるスキームの一つとしても重要な役割を担っています。

特徴2:安全で素早い取引きが可能な新しい承認方式

ビットコインとノアコインの違いの一つに承認方式の違いが挙げられます。
ビットコインで採用されているPoW(プルーフ・オブ・ワーク)という承認方式は以下の3つの大きな問題を抱えています。

1)多大な電力消費による環境破壊
2)乗っ取り(51%攻撃)の危険性がある
3)取引きにかかる時間が遅い

ノアコインで採用している新しい承認方式であるPoS(プルーフ・オブ・ステイク)はこれらすべての問題が解決されているのです。

特徴3:利益を必要としない運営元

ノアコインには非営利の運営元が存在している点も特徴です。

ノアコインの運営元であるノアファウンデーションは非営利の運営組織であるため、集めた資金は営利目的での利用はせずに、全てノアコインを普及させる為に使用されます。

また、銀行関連企業が参入しているので集めた資金を運用して増やしていけることができるのも特徴です。

こういった運営元がない、もしくは運営元があっても資金不足の暗号通貨は大規模なプロモーション、インフラ整備を行うことができません。

例えばプロモーションで言えば、テレビCMや電車の中吊り広告を出すにしてもかなりの宣伝費がかかります。

インフラ整備で言えば、クレジットカードと同じように利用できるようにするのも、ATMですぐに現金化できるようにするのにも莫大な資金が必要となります。

政府も銀行も介在しておらず、運営元も存在しない暗号通貨はその莫大な宣伝費用、インフラ整備費用は誰かがボランティアでお金を出す他ないのです。

運営元が存在しなければプロモーションやインフラ整備は行われません。

中央集権的な組織がないというのは暗号通貨のメリットでもあるのですが、それは同時にこのようなデメリットにもつながっているのです。

そのデメリットを解消し、メリットを残すためには政府のような強制力を持たないものの、ある程度その通貨をコントロールするノアファウンデーションのような組織の存在が必要となります。


日本の暗号通貨伝道師 泉忠司

ビットコインは広めるための中央集権的な組織が存在しないので日本での広まりはまだまだといったところ。

ビットコインをはじめとする暗号通貨を日本一広めている人物は泉忠司氏。

彼が個人的にビットコインをはじめとする暗号通貨の必要性を日本中に広めていなければ日本ではまだまだ暗号通貨は認知度の低いものだっただろうと予測されています。

ノアコインの日本でのマーケティングはその泉忠司氏が中心となっていることもあって、日本国内でのノアコインの注目度はどんどん高まっています。

ノアコインのプレセール期間

ノアコインのプレセール期間の主な内容は以下のようになっており、市場公開は2018年6月12日となっています。
プレセール期間中に販売されるノアコインの総数は432億NOAH。
ノアコインの発行総量は2,160NOAHとなっており、残りの1728億ノアコインは利息としてノアコイン所有者に還元されます。

プレセール期間の価格について

上の表を見て分かる通り、4期までのプレセール期間で価格引き上げは最大22%。

つまり市場に公開されるまでノアコインの価格は1.22倍にしかなりません。

時価総額2位のイーサリアムで1.7倍ですので1.22倍という倍率はかなり低いことが分かると思います。

ノアコインはとにかく広く世の中に普及させることを目的としているため、このような低い倍率となっています。

プレセール期間に価格を必要以上に引き上げている暗号通貨は決して世の中に普及することはありません。

フィリピンの政・財・官が非営利団体として社会問題を解決させるために行っている国家規模のプロジェクトですので、逆に広まらなかったら困るのです。

とはいえ10,000円分のノアコインを所持していればプレセールが終わる頃には12,200円になっているわけですから、投資というい側面から見ればかなりの上がり幅ともいえるでしょう。

プレセール終了後は所持している人数と数量、それから欲しい人の数に比例してノアコインの価値が上昇します。

プレセール中にノアコインを交換した人が市場公開後もノアコインを持ち続ければ必然的にノアコインの価値は上昇していきます。

そしてノアコインには所持しておきたくなるスキームがきちんと組まれているのです。

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
1
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?
指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?